カズッチの人生再生日記

バツイチアラフォー男の婚活・薄毛治療・ダイエットなどの日常を綴った日記ブログです!

リレーマラソンに参加して初めて気づいた、長距離より短距離の方が走るのはキツイ!

f:id:kazucchi_RT:20191124204657j:plain

初のリレーマラソンで緊張気味のカズッチです!

私はランニングのサークルに入っているのですが、サークルの仲間と鴨池リレーマラソンに出場しました。

鴨池リレーマラソンの過去記事はこちら↓

サークルの仲間と鴨池リレーマラソンに参加!チーム参加の大会は初めてなので、けっこう緊張! - カズッチの人生再生日記

マラソンは個人競技ですが、リレーは団体競技。

ランニング始めて10ヶ月で、まだまだ早くは走れないので、チームの足を引っ張らないか心配…。

みんなは記録狙ってないから気楽に走って楽しめば良いと言ってくれますが、やっぱり緊張します。

 

リレースタート!周りはみんな早く見える…

第1走者がスタートしました。

私のチームの第1走者はサークルのリーダーです。

もちろんリーダーは早いのですが、周りはそれ以上に早い!

グラウンドを一周して、外に出て行く頃には団子だった走者もばらけ始め、リーダーは真ん中より少し前くらいにいました。

他のみんなも「今年は早い人多そうだね」と言っていたので、より不安になってきました。

 

長距離(10km以上)は練習の甲斐あって、そこそこのペースで走れるようになりましたが、短い距離を早く走る練習は全くしていないので、どれくらいのペースで走れば良いのかも分かりません。

思っていたよりも本格的な人が多く、ちゃんと練習しておけば良かったと後悔してしまいました。

 

色々考えているうちに、先頭ランナーがグラウンドに戻ってきました。

時計を見ると、スタートから5分程しか経っていません。

と言うことは、1kmを約3分で走っている事になります。

早いですね…。

 

そして、次々と走者がグラウンドに戻ってきました。

私のチームのリーダーも戻ってきて、第2走者にタスキを渡しました。

次は私の番なので、次走者待機場所へ行こうとすると、帰ってきたリーダーが息を切らせながら、

「1km手前に給水所があって、女子短の可愛い子達が水を渡してくれるから、そこで元気をもらえば大丈夫!」

とアドバイス(?)してくれました。

緊張しながら待機場所で待っていると、あっと言う間に第2走者が帰ってきました。

タスキを受け取り、走り始めます。

リーダーの有難いアドバイスで言われた給水所までは、とりあえず抑えて走る事に。

 

しかし、後ろからどんどん抜かれていきます。

気にしないようにしながら走りましたが、知らず知らずペースが上がり、給水所に着く前に息が上がっていました。

給水所には女の子達が応援をしていましたが、水を受け取る余裕もなく、そのまま素通り。

そして、1kmの看板が見えた時には、かなり呼吸も苦しく、足もキツイ状態です。

残り半分、なるべくペースを落とさないように頑張って走ります。

 

そろそろ胸の苦しさが限界に近くなってきましたが、グラウンドの入口が見えてきました。

そして、グラウンド内に入ると、チームのみんなが応援してくれている姿が見え、少し元気が戻ってきました。

最後の力を振り絞り、次の走者にタスキを渡し、ヘトヘトになりながらチームの元へ。

 

みんなから応援してもらったおかげで、最後踏ん張れました。

やっぱり応援の力ってすごいですね。

チームのみんなからは、思ってたより大分早かったと言ってもらいました。

タイムは8分42秒だったので約4分20秒/kmだったようです。

そこまで遅くはなかったので、自分でもビックリでした。

しかし、たった2kmですが、ペースが早かったのでかなりキツかったです。

これなら10kmを5分半くらいで走ってる方が全然楽ですね。

今までは長距離の方が大変なイメージでしたが、短距離を走る方がかなりキツかったです。(もちろんペースによります)

 

思ったより早く走れたので緊張もなくなり、次の一周は気持ちに余裕を持って走れそうです。

 

記事を読んでくれてありがとうございます、コメントも有難く読ませてもらっています。読者登録もしてもらえると嬉しいです!

リレーマラソンの続きはこちら↓

仮装チームもあって盛り上がったリレーマラソン!打ち上げも楽しかった! - カズッチの人生再生日記

マラソンに関するその他の記事はこちら↓

ランニング カテゴリーの記事一覧 - カズッチの人生再生日記