カズッチの人生再生日記

バツイチアラフォー男の婚活・薄毛治療・ダイエットなどの日常を綴った日記ブログです!

【自治体⑩】苦痛のフリートークタイム!スタッフの方々の気遣いに申し訳ない気持ちに…

f:id:kazucchi_RT:20191116204933j:plain

婚活のフリータイムが苦手なカズッチです!

自治体主催の婚活イベントに参加しているのですが、自己紹介やクイズ大会が終わり、最後のフリータイムの時間になりました。

これまでのイベントの経過はこちら↓

【自治体④】申し込みしていた婚活イベントの詳細とプロフィールカードが届きました! - カズッチの人生再生日記

元々人見知りな性格で、話し下手なので積極的に声をかけるのがなかなか苦手です。

そんな私がクイズ大会で同じチームになった女性に声を掛けようと思った矢先に、女性たちはすぐに立ち去ってしまいました…。

残された男性3人で、気まずい雰囲気の中で、何となく席を立つことに…。

そして、長い長いフリートークタイムの始まりです。

 

スタッフが気遣い、会話の席をセッティングするも…

とりあえず待合室に一度戻り、昼食時に配られたお茶で喉を潤すことにしました。

待合室に行くと、私のようにボーッとしている人もいれば、一緒に来たであろうグループでワイワイ盛り上がっている人、積極的に女性に声をかけ始めている人もいました。

フリータイムは1時間もの長丁場なので、とりあえず1人くらいは声をかけないといけないと覚悟を決め、1番印象の良かった女性を探すことに。

待合室を出て、探していると…。

 

すでに別の男性が声をかけていました。

流石に割り込む勇気もなく、諦めることに…。

自分の記入したチェックシートを見返して、自己紹介の時に話が盛り上がった相手を選び、探していると、まだ他の男性からは声をかけられていないようでしたが、友達?と仲よさそうに3人で盛り上がってました…。

声が掛けづらい!

積極的な人は、こんな状況でも声をかけて行くのでしょうが、私は性格的に無理なのです。

そうこうしているうちに、男性4人組が声をかけて、話を始めました。

 

そして、いつの間にかみんな散らばり、各々話を始めています。

完全に出遅れてしまいました…。

まだ声をかけられていない女性もいましたが、あまり好みではなかったので、声をかけるのが躊躇われてしまいました。

とりあえずトイレに逃げ込み、時間を確認すると残り50分程度。

なかなか長い時間です。

トイレから出て会場の敷地内をブラブラしていると、1人の男性を見かけました。

クイズ大会の時に同じ席だった方です。

1人は心細かったので、「どうですか?いい人いました?」と声をかけると、この方も同じように誰にも声をかけられない状態だったみたいです。

2人で話をしているとスタッフの人が来て、「男同士で話してても時間がもったいないですよ!女性に声をかけに行きましょう!」と言って、広場へ連れていかれました。

そして、ちょうど2人組の女性が空いていたので、スタッフが声をかけ、椅子をセッティングして4人で話す席を設けてくれました。

 

4人とも相手がいなかった事もあり、話はそこそこ盛り上がり、楽しい時間を過ごす事が出来ました。

しばらく話していると、司会者からフリータイムも半分が過ぎたので、少し相手を変えて色んな人と話すようにしてくださいと案内がありました。

いつの間にか残り30分になっていたようです。

私たちは司会者の指示に従い、席を立ちました。

そして、周りを見てみると…。

ほとんど全員相手を変えずに話をしてるじゃないですか!

また男2人取り残されてしまいました。

先程話をしていた女性2人も離れたところで右往左往している様子。

今からまた声をかけるのも抵抗があり、残された2人で、こんな事ならそのまま話をしてれば良かったですねと言っていると、再びスタッフが現れました。

もし、気になる人がいればセッティングしますけど、どうですか?と言われ、2人でマゴマゴしていると。

じゃあ、あちらの方に混ぜてもらいましょう!

と言って、7〜8人で話しているグループの方に向かって行くと思いきや、その隣にいた2人で仲良さそうに話している人達のところに!

イヤイヤ、男2人で押しかけたら迷惑でしょ!女性1人に男性3人ですよ?と心の中で叫びながらも言われるがまま席につくことに。

 

急に押しかけて、私達が気まずそうにしていると、女性の方から話を振ってくれました。

しばらく4人で話していると、スタッフが男女1人ずつ連れてきて、女性2人男性4人でトークすることになりました。

少しずつ打ち解けて話をしていましたが、いつの間にか、最初にいた男女2人と後から来た私たち4人で話をしているような状況になっていたのです。

心の中で、「きっとこの2人はカップル成立なんだろうな〜」などと考えていると、司会者からフリータイムの終了の放送がありました。

挨拶を済ませて、再び男女それぞれの待合室に戻る事に。

そして、マッチングを希望する相手を記入する時間です。

私はダメ元でフリートークで最初に同席した女性を2人書いて出しました。

今日もきっとカップリング不成立だろうなと思いながら発表の時を待つ事になります。

 

記事を読んでくれてありがとうございます、コメントも有難く読ませてもらっています。読者登録もしてもらえると嬉しいです!

自治体の婚活イベントの続きはこちら↓

【自治体⑪】最後の告白タイム!カップリング成立は?そして、イベント終了後に車を修理に行くことに… - カズッチの人生再生日記

婚活に関するその他の記事はこちら↓

婚活 カテゴリーの記事一覧 - カズッチの人生再生日記